スポンサーサイト

  • 2019.01.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    富栄養化の逆理

    • 2005.05.27 Friday
    • 12:52

    水域生態系において、エサ種(植物プランクトン)とハンター種(動物プランクトン)が存在するとき、エサ種が増えるとハンター種の捕食量が増し、その種の個体数が増えることによって、エサ種の個体数の増加が抑えられる。簡単な数理モデルによって個体数の変化を調べてみると、このような関係は、負のフィードバックをもたらし、両種が安定した個体数を維持するか、振幅の小さい周期的変動を繰り返す。ところが、沿岸部の人口増加などによって、水域への栄養塩の流入が増加すると、エサ種が急速に増殖するので、ハンター種が増えてエサ種の個体数を抑えるまでに時間がかかり、両種の個体数は大きな増減を繰り返すことになる。つまり、数理モデルの世界では、富栄養化が生態系を不安定化させることになる。しかし、実際の湖沼生態系での観察やフラスコのような実験生態系では、むしろ理論の予測どおりに不安定化を引き起こすことは少ない。

    この事実は、モデルに組み込まれていない重要な要因が実際には存在していることを意味している。

    エサ種に二つのタイプがあり、ハンター種が、それらのタイプへの攻撃を情況によって変化させることを考慮すれば、富栄養化の逆理を解決できることを見いだした。

    実際、琵琶湖などの湖沼生態系では、動物プランクトンが好んで食べる小型の植物プランクトンとあまり食われない大型の植物プランクトンが存在する。そして大型植物プランクトンの成分は、窒素やリンにくらべて炭素の比率が高いので、動物プランクトンにとっては栄養価の低いエサである。このような大型植物プランクトンはあまり食われないので、食物連鎖系のエサ生物として脇役的存在といえるだろう。

    生物多様性科学のすすめ―生態学からのアプローチ

    BOD(生物学的酸素要求量)

    • 2005.05.26 Thursday
    • 12:58

    水中の微生物が有機物を分解する際、呼吸により酸素を消費する。BODは、微生物が、1リットル当たりの水に含まれる有機物を分解するのに必要な酸素量。BODの値が大きいほど水中の有機物が多い。コイ、フナなどの下流域の生きものの生息に適したBODの値は5mg/リットル以下であり、アユなどの中流域に生息する生きものに適した値は、3mg/リットル以下、イワナやヤマメなど上流域の生きものの生息に適した値は2mg/リットル以下である。

    田んぼビオトープ入門―豊かな生きものがつくる快適農村環境

    谷戸田(谷津田)

    • 2005.05.24 Tuesday
    • 12:58

    台地や丘陵地の複雑に入り組んだ谷筋の田んぼ。谷戸には、台地や丘陵から湧水がしみ出す。この水がいくつも集まり、下方には水はけの悪い湿地をつくる。かって、このような湿地を水田にしたことから、これを谷戸田(谷津田)と呼ぶ。この湧水は、落葉落枝の分解によりできたミネラルを多量に含むため、田んぼに対する施肥効果もある。このような地形では、水害の危険が少なく、田んぼの近くに林や草地(土手)があり、田畑に入れる刈り敷や緑肥に加え、田畑を耕す牛馬の餌(生草)を収穫することもできる(犬井正著「里山と人の履歴」より)。谷が細長く入りこんでいるため、田んぼの大区画化、排水や水路の整備(ほ場整備)が進みにくかった。現在でも湿田の状態で残っていることがある。

    田んぼビオトープ入門―豊かな生きものがつくる快適農村環境

    湿田・乾田

    • 2005.05.24 Tuesday
    • 12:55

    田んぼには一年中水が溜まった湿田と、水を排水できる乾田がある。谷戸田には、丘陵地や台地から一年中湧水がしみ通っているため、水を完全に抜くことができない湿田が多い。

    田んぼビオトープ入門―豊かな生きものがつくる快適農村環境

    生態系アプローチの原則

    • 2005.04.13 Wednesday
    • 12:52
    1. 生物多様性や生態系が科学的に解明され尽くされることはないことを認識し、解明されていないことを根拠に開発が許されてはならないこと。
    2. 生態系は複雑で絶えず変化し続けていることを認識し、その構造と機能を維持できる範囲内で管理、利用すること。
    3. 関係者すべてが情報を共有し、自然資源の管理と利用の方向性を社会的合意の上で選択すること。

    生物多様性条約締結国会議(2000年)

    獣たちの森

    生態系エンジニア(ecosystem engineer)

    • 2005.04.13 Wednesday
    • 12:44

    他の生物の生息地の環境条件を大きく改変する作用を持つ生物を生態系エンジニアという。ニホンジカの採食に植生が本来的には多様な反応をする可能性を考えれば、ニホンジカを破壊者と見なすよりも、生態系エンジニアと見なすほうが客観的かつ公平であると思う。

    獣たちの森
    獣たちの森
    大井 徹

    里山を守る

    • 2005.03.23 Wednesday
    • 12:28

    現在残っている里山に線引きして手をつけないようにする「天然記念物的発想」か、「造園的手法」で自然公園を造成・維持することをイメージしやすい。しかし、大切なのは「里山の多様性に富んだ自然を守る」という視点である。いわば、「里山的管理」から「生態学的管理(エコロジカル・マネージメント)」あるいは「モザイク管理」への発想の転換が必要ではないだろうか。

    里山の自然をまもる

    ツキノワグマと花粉症

    • 2005.03.22 Tuesday
    • 21:47

    毎日のように「観測史上最大の花粉飛散」のニュースが流されている。昨秋は「ツキノワグマによる被害」が流されていた。一見何も関係のなさそうな2つのニュースの要因は実は共通のものだといえる。

    そもそも日本における植生の大部分は、「いのちを守るドングリの森」にもあるように、ドングリのなる木(広葉樹林)で覆われるらしい。スギもヒノキ(針葉樹林)も、広葉樹林が生息できないような所に生えていたと言うことだ。花粉のでない木や高価な医薬品の開発といった目先の花粉症対策だけでなく、日本の植生そのものを見直し改善しない限り、人間にもクマにも、今後ともつらい日々が続くと思われる。「人間も生態系の一部なのだから。」

    狩猟については鳥獣保護法に基づいて一定の規制がなされているとはいえ問題も少なくない。例えば、農作物などに被害を及ぼす鳥獣に対して同法に基づき有害鳥獣駆除が実施されている。ツキノワグマも、植林のための自然林伐採による餌不足を補うために里に下り、農作物を食害するや有害鳥獣とされ、毎年約1,000頭が駆除されている。狩猟数と合わせると毎年約2,000頭が射殺されている計算である。生息地の分断や島状化により、絶滅が危惧される動物であるにもかかわらず、である。 この数年、野性動物による農林業への被害が深刻化しているといわれる。しかし、短絡的な駆除の推進するというのではなく、例えばツキノワグマであれば、その個体群の長期的維持のために、そして里におりてこないようにするためにも、森林の再自然化などを大胆に勧めていくことが必要である。

    環境を守る最新知識 ビオトープネットワーク―自然生態系のしくみとその守り方

    里山

    • 2005.03.22 Tuesday
    • 12:43

    一般にはなじみのないこの語が、最近、自然保護のキーワードになっている。わが国のかつての農村風景は、平坦地に広がる水田とその背後の小高い山(あるいは丘)からなり、藁葺屋根の集落がその山裾にあった。里山という語は、こうした人里の裏山のイメージをよく表している。そこには芽場があり、茶畑があり、雑木林があり、竹薮があり、神社があり、寺があり、先祖の墓がありと、農業と農民の生活を支える舞台装置をそなえた半自然があった。

    素朴でありふれた里山の自然は、実は、とつも大切なものであった。私たちは、いま失われてみてはじめてそのことに気づいた。里山は民話の舞台であり、子供たちの遊び場であり、しかも氷河時代の生物たちの避難場所でもあったのだ。現代の農業にとって不要になったからといって、里山を開発の対象にするのはもったいない。

    里山の自然をまもる

    石井 実, 植田 邦彦, 重松 敏則

    里地里山とは、奥山と都市の中間に位置し、集落とそれを取り巻く二次林、それらと混在する農地、ため池、草原等で構成される地域概念です。

    農林業などにともなう、さまざまな人間の働きかけを通じて環境が形成・維持されてきました。

    里地里山パンフレット

    どんどん増える

    • 2005.03.22 Tuesday
    • 12:30

    子ネコも外来種かって?もちろん。米国だけで何万匹もの野性化したネコが、鳥や爬虫類、哺乳類を大量に殺している。悪いのは無責任な飼い主だが、捕まったネコがそのツケを払わされ、処分される。このネコたちはフロリダ州のボランティア団体が去勢手術を施し、引き取り手がなければ野生に戻す。繁殖はしないが、それでも鳥を殺す可能性はある。

    イエネコ 学名 FELIS CATUS

    NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 03月号 [雑誌]

    NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 03月号 [雑誌]

    recent comment

    recent trackback

    profile

     

     

     

     

    search this site.