スターバックス再生物語 つながりを育む経営

  • 2012.09.07 Friday
  • 22:42

わたしには光が見えます。すべきことがわかっています。やらなければなりません。やらなければならないのは、問題を解決する答えを見つけることです。大切なことに注力し、不適切なことに時間と金を浪費するのをやめることです。

大切なのは、わたしたちが直面する問題の解決策を求めることであり、これまで気づかなかったことに関心を持ち、より良く、賢く、効率的な方法を探し、改革と革新を推し進めることです。

これは会社にとって、ここに集まっているわたしたち一人ひとりにとって、真の試練です。わたしたちが成功できる理由は、過去にわたしたちが成功してきた理由と同じです。株価もマスコミも関係ありません。わたしたちが信じるもの、わたしたちが守ろうとするものがわたしたちを成功に導くのです。

わたしはこの会社の将来を信じています。なぜなら、皆さんを信じているからです。

規律ある成長。直感と厳格さのバランス。核となる価値を中心としたイノベーション。現状に満足しない。新しい視点を見つける。特効薬を期待しない。泥にまみれ、手を汚す。相手の立場になって聞き、自分を隠さずに気持ちを通じ合わせる。物語を語る。他人に自分を定義させない。実体験を利用してやる気を起こさせる。価値を大切にする(自分の基礎となる)。説明責任を課すときは成功のツールを与える。困難な選択をする(大事なのはどう実行するかである)。危機においては決断力が大切。迅速に動く。試練のうちに真実を見つけ、過ちに教訓を見つける。目にし、耳にし、行うことに責任をもつ。信じる。

ハワード・シュルツ,ジョアンヌ・ゴードン
徳間書店
¥ 1,785
(2011-04-19)

スポンサーサイト

  • 2019.01.26 Saturday
  • 22:42
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    recent comment

    recent trackback

    profile

     

     

     

     

    search this site.