<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
 
 
 
 
 
MOBILE
qrcode
<< 小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則 | main | たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

タラウマラ族の本当の秘密はそこにあった。走ることを愛するというのがどんな気持ちなのか、彼らは忘れていない。走ることは、人類最初の芸術、われわれ固有の素晴らしい創造の行為であることをおぼえている。洞窟の壁に絵を描いたり、がらんどうの木でリズムを奏でるはるかまえから、我々は呼吸と心と筋肉を連動させ、原野で体を流れるように推進させる技術を完成させていた。それに、われわれの祖先が最古の洞窟壁画を描いたとき、最初の図案はどんなものだったか? 稲妻が走り、光が交錯する―そう、走る人類だ。

長い距離を走ることが貴ばれたのは、絶対に不可欠だったからだ。それはわれわれが生き延びて繁栄し、地球上に広がっていく手段だった。人は食べるために走り、食べられないように走った。連れ合いを見つけて気を引くために走り、彼女と新しい生活をはじめるために遠くへ走った。走ることを愛さないわけにはいかず、さもなければ、生きてほかの何かを愛することもなかっただろう。そして、われわれが愛するほかのあらゆるもの―と同じく、走ることは太古の祖先から遺伝子に組み込まれてきた宿命なのだ。われわれは走るために生まれた。走るからこそ生まれた。誰もが”走る民族”なのであり、それをタラウマラ族は一度も忘れたことがない。

| 700芸術 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | ka2ya |
スポンサーサイト
| - | 21:42 | - | - | スポンサードリンク |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ka2ya.jugem.jp/trackback/330
トラックバック