<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
 
 
 
 
 
MOBILE
qrcode
<< コンクリートなんでも小事典 | main | すぐに解決!段取り術 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
安全管理の現場力―スタッフへのアドバイス

職場の人員構成の変化とともに、人と人のコミュニケーション、人と人のつながりはややもすると薄れがちとなり、携帯電話や、メール交換等を通じて必要最小限の情報をやりとりすることがコミュニケーションだと思われています。

しかし、本当の意味でのコミュニケーションとは、お互いの「心」を大切にすることが原点だと思います。やはり、顔と顔を合わせて、目と目を見ながらの話し合いこそ心のこもったコミュニケーションではないでしょうか。人間には喜怒哀楽というものがあります。この喜怒哀楽がもっともはっきりと現れるのは人の顔なのです。お互いの喜怒哀楽を肌で感じながらの話し合いこそ大切だと思います。

ゼロ災運動の原点はそこにあるのです。

| 500技術・工学・工業 | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ka2ya |
スポンサーサイト
| - | 00:48 | - | - | スポンサードリンク |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ka2ya.jugem.jp/trackback/291
トラックバック