スポンサーサイト

  • 2019.01.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ローマ亡き後の地中海世界 下

    • 2009.04.03 Friday
    • 00:02

    外交では、右手で殴っておいて左手を差し出す、というようなことをよくやる。手を差し出すくらいならば殴らなくてもよかったではないか、と言う人は、善意の人であることは認めるが、外交とは何かはわかっていない、と言うしかない。もちろん、殴らないで済めばそれに越したことはない。だが、殴られてはじめてOKする、という例が多いのも事実であった。

    この時代の人であったマキャアヴィッリは、憎悪されても軽蔑だけはされてはならない、と書いた。また、政治では愛されるよりも恐れられるほうを選ぶべきだ、と書いている。なぜなら人間は、自分を愛してくれる人は簡単に捨てるのに、怖れている相手からは容易に離れられないからである、と言うのだ。個人の間の問題ではなく国と国の間の問題をあつかう外交では、軽視されたり軽蔑されたりすることは実害をもたらすことにつながるゆえに、絶対に避けねばならない最重要事なのであった。

    スポンサーサイト

    • 2019.01.26 Saturday
    • 00:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2009/05/09 5:59 AM
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2009/05/25 7:31 AM
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2009/06/28 5:40 PM
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2009/08/01 5:48 AM
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2009/09/20 6:58 AM
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2009/10/07 5:49 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      selected entries

      recent comment

      recent trackback

      profile

       

       

       

       

      search this site.