<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
 
 
 
 
 
MOBILE
qrcode
<< 地震と防災―“揺れ”の解明から耐震設計まで | main | ローマ亡き後の地中海世界(上) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
未来のモノのデザイン

未来のデザインが目指すのは、車を運転し、食事を作り、健康を管理し、床を掃除し、何を食べ、いつ運動すべきかを教えてくれるようなスマートな機器の開発にあることは明らかである。人と機械の間には大きな違いがあるにもかかわらず、タスクがきちんと特定され、環境条件がうまく制御できて、機械と人間の間のインタラクションを必要最小限に制限できるなら、知的で自律的なシステムは役に立つ。ここでの挑戦は、我々の活動をサポートし、技能を補い、ストレスを与えることなく、喜び、便利さ、達成感を与えてくれるように、生活の中に知的な機器を取り込むことである。

ドナルド・A・ノーマン
新曜社
¥ 2,730
(2008-10-25)

| 500技術・工学・工業 | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) | ka2ya |
スポンサーサイト
| - | 15:47 | - | - | スポンサードリンク |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ka2ya.jugem.jp/trackback/287
トラックバック