<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
 
 
 
 
 
MOBILE
qrcode
<< 田んぼビオトープ入門―豊かな生きものがつくる快適農村環境 | main | 生物の保護はなぜ必要か―バイオダイバシティ(生物の多様性)という考え方 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
国土交通省河川砂防技術基準 同解説・計画編

動植物の良好な生息・生育環境の保全・復元は、人間の生存の基盤となっている多様な生態系の長期的安定性、生物資源の持続的利用、人と自然との豊かな触れ合いなどの観点から重要である。河川は上流から下流ヘ流下するにつれて、その物理的な形が変化するとともに、その水も流域の様々な影響を受けて変化しながら、やがては河口に至る。河川には、源流部から河口まで、水中、水際、河原などの場所に応じて、土壌、水、日照などの条件が異なる様々な環境が存在し、その環境に応じて、多様な生物群集が生息・生育する。河川が生物群集の多様性を保つ上で重要な役割を果たすことを十分認識し、地域にふさわしい生物群集の良好な生息・生育環境を確保しつつ、川を治め、川のもたらす様々な恵みを利用していくことが必要である。

そのためには、学術上又は希少性の観点から重要なもの、その川に典型的に見られるもの、その川において特殊な環境とみられるもの等に着目し、現状及び歴史的な経緯並びにその背景等を踏まえ、その川にふさわしい生物群集と生息・生育環境を抽出することが重要である。

以上の観点を踏まえ、その川にふさわしい生物群集と生息・生育環境を保全・復元し、それらが将来にわたって維持されるよう、河川の整備・管理を行っていくこと重要である。

| 500技術・工学・工業 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(1) | ka2ya |
スポンサーサイト
| - | 22:36 | - | - | スポンサードリンク |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ka2ya.jugem.jp/trackback/261
トラックバック
国土交通省
Infrastructure and Transport)は、日本の中央省庁の一つ。国土計画の他、河川、都市、住宅、道路、港湾、官庁営繕などの建設・維持管理といったハード面のほか、交通・観光政策、気象業務、防災対策、日本国内管轄の海の治
| まいの記録 | 2007/08/04 10:04 AM |