スポンサーサイト

  • 2019.01.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    技術にも品質がある―品質工学が生む革新的技術開発力

    • 2007.04.18 Wednesday
    • 00:19

    品質工学の目指す姿、つまり技術のパラダイムシフトとは、問題の捉え方と評価方法を変えることである。一つひとつの原因を追究し、問題を対策するのではない。

    問題対策のやり方だと、発見されていない問題点の対策は出来ない。ある問題を対策しても全体のバランスが最適かどうか不明である。まるで傷口ごとに絆創膏を張るやり方である。対処療法という言い方をしてもいいだろう。

    それに対して品質工学のやり方は、まず理想はどうあるべきかを考える。その理想からの現状のズレを計測し、ズレを最小にしていくように検討する。

    そうすれば目前の問題はもちろん、未発見の問題点に対処でき、全体を考えた最適条件に設定できるはずだ。理想に一番近い条件なら、すべての問題に対して一番良い条件のはずだからである。

    スポンサーサイト

    • 2019.01.26 Saturday
    • 00:19
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      recent comment

      recent trackback

      profile

       

       

       

       

      search this site.