バイオマス(biomass)

  • 2006.02.27 Monday
  • 12:55

本来生態学で使われる用語であり、「生物現存量」または単に「生物量」と訳される。すなわち、生態活動によって生成する動物または植物、微生物の量を意味しているが、さらにこれらを材料とする、廃木材、食品廃棄物、家畜ふん尿など「エネルギーや素材として利用されうる再生可能な生物由来の有機性資源」としてとらえられることが多い。また、1)再生可能である、2)カーボンニュートラルである、3)農山村地域などに膨大な賦存量を有する。などの特徴を持つ。

絵とき下水・汚泥処理の基礎
絵とき下水・汚泥処理の基礎
タクマ環境技術研究会

スポンサーサイト

  • 2019.01.26 Saturday
  • 12:55
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    カーボンニュートラルカーボンニュートラル(Carbon Neutral)は環境化学の用語で、直訳すればカーボンは炭素、ニュートラルは中立なので「環境中の炭素循環量に対して中立」となる。例えば、植物のからだ(茎や葉や根など)はすべて有機化合物(炭素原
    • ことねのblog
    • 2007/06/08 10:36 AM

    selected entries

    recent comment

    recent trackback

    profile

     

     

     

     

    search this site.