スポンサーサイト

  • 2019.01.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    生息条件の多次元的な把握

    • 2005.07.21 Thursday
    • 13:00

    その生物の生活史のある段階における環境の物理・化学的諸条件にたいする要求はもちろんであるが、重要なのは、全生活史をとおしてのそのような要求のほか、生活史の各段階における食物関係、生息条件の形成・提供などの相互関係を介しての他の生物とのつながり、移動や“なわばり”形成をとおしての生息場所の空間的な大きさにたいする要求等々への配慮を意味している。

    このことは、いいかえれば、自然の条件下でその生物が生活している場所の群集構造と、その群集の生活を支えている環境全体にたいする理解が必要なことを意味する。

    続・水辺の環境学―再生への道をさぐる
    続・水辺の環境学―再生への道をさぐる
    桜井 善雄

    スポンサーサイト

    • 2019.01.26 Saturday
    • 13:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      selected entries

      recent comment

      recent trackback

      profile

       

       

       

       

      search this site.