スポンサーサイト

  • 2019.01.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    エコトーン(ecotone)

    • 2005.01.31 Monday
    • 12:48
    2つあるいはそれ以上の異質な生態系、例えば森林と草原、岩浜と砂浜、湖と岸辺などの間に見られる接点あるいは移行地域、すなわち推移帯(エコトーン)の生物は、重なりあっているそれぞれの群集の生物に加えて、推移帯に特徴的で、そこにしか住めない固有種が存在することが多い。したがってそのような場所では生息する種数と個体密度は、隣接地域より一般に高くなっている。
    人間も多くの場合、推移帯の生活者であると言える。森の中に住む場合は、森を切り開いて草地など開けた場所を作り、逆に草地に住むときは、木を植えて森を作ろうとする。さらに池を掘り、流れを作ったりする。すべて林縁を長くし、あるいは多くの推移帯を作るための努力と言えよう。人もまた多くの動物と同じように、単調より多様を好み、そこに安らぎを感ずる本性を持っている。

    トマトはなぜ赤い―生態学入門

    スポンサーサイト

    • 2019.01.26 Saturday
    • 12:48
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      selected entries

      recent comment

      recent trackback

      profile

       

       

       

       

      search this site.