スポンサーサイト

  • 2014.03.02 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    BOOK OF THE YEAR 2004

    • 2005.01.11 Tuesday
    • 13:14

    PLUTO (1)
    PLUTO (1)
    浦沢 直樹 手塚 治虫 手塚 真
    小学館 (2004/09/30)

    読んでいく内にのめり込むこと間違いなし。続編が待ち遠しい。

    The Hong Kong Guide 2004 (Photomap Edition)
    The Survey and Mapping Office
    in Hong Kong (2004/04/01)

    香港旅行の際に購入。国土地理院もこういうのを出してほしい。
    イコノスマップよりも現状が把握できやすい。
    香港に行く予定の方もそうでない方もオススメ。

    スポンサーサイト

    • 2014.03.02 Sunday
    • 13:14
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      PLUTOは私もはまっております。一巻にしてすでにはまりまくりです。読み終わった瞬間に「早く二巻出せよ」と怒り狂っておりました。
      香港には2002年の夏に行きました。何か一昔前の日本を思い出すような景観でしたね。古い建造物がある中にどんどん高層ビルを立てて。10年後にもう一度いってみたい国でもあります。
      ただ、難点は香港の異臭です。あれはたまりませんでした。いったい何のにおいなんでしょうかね。
      • yota
      • 2005/01/07 3:20 PM
      yotaさん、いつもコメント有り難うございます。

      PLUTOやっぱりはまってしまいますね。
      早く2巻を読みたいのですが、連載の方は、あまり進んでない見たです。残念!

      海外に行くと、やっぱり何処も日本とは、臭いが違いますね。香港の臭いは、排気ガスと油と香辛料(八角系)の臭いが入り交じっているようなそんな感じがします。
      ともあれ、この地図は、異臭もしませんし、香港全土の航空写真が載っていて、バーチャルトッリプが出来ます。未来のに同じ地図を購入することが出来れば、見比べると更におもしろい気でしょうね。
      • ka2ya
      • 2005/01/07 7:00 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ご存知天才・手塚治虫の鉄腕アトムの有名なエピソード「地上最大のロボット」をモチーフにした、同じく天才・浦沢直樹の作品。 原作では確か10万馬力のアトムを100万馬力だかなんだかに改造したりする話もあった気がする。 浦沢直樹には「MASTERキートン
      • 愛と妄想の日々。
      • 2005/02/24 10:16 PM
      ネタバレあります。 ちなみに1巻の時のレビューはこちら。
      • 愛と妄想の日々。
      • 2005/05/05 9:32 PM

      selected entries

      recent comment

      recent trackback

      profile

       

       

       

       

      search this site.