原生林(primary forest)

  • 2004.12.20 Monday
  • 19:25

人為影響を受けず、自然の更新の中途か最終ステージで安定した林。あるいは自然性の高い樹林を、二次林に対比させて一般にこうよぶ場合もある。気候帯や標高、土壌基盤などの条件により原生林となる植生は異なる。たとえば、東北地方の山地ではブナ林が、東海地方の平地ではスダジイ林が原生林として優占する。自然林や処女林は同義。

野生生物保全技術

スポンサーサイト

  • 2019.01.26 Saturday
  • 19:25
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    母親の故郷が北海道の帯広であることから、小さいころより幾度となく北海道を訪れていた。空港より車で数時間かかる僻地にあるため、幼い私にとっては車からみえる景色のみが退屈を紛らわす唯一の方法だった。神奈川の湘南に住む私にとっては北海道の景色は別世界であり、幼子の頭の中では何がそんなに違うのか理解できずともその明確な差だけは感じ取ったものである。

    「なんか木が違うんだよな」なんてことを考えていたのが懐かしい。今となってみれば地理的な違いや気候の違いにより植生が地域によって異なることは当たり前のことと理解している。それは自分自身の成長を目の当たりにする瞬間でもあるのだが、少しさびしい気もする自分がいたりもする。
    • yota
    • 2004/12/21 5:25 PM
    yotaさん
    コメント有り難うございます。

    北海道良いですね。
    私は、行ってことがないので、あこがれてしまいます。いつか行ってみたいと思います。
    オススメの所があれば、教えて下さい。

    なんか、全然見当違いの、返事になってしまいましたが、これからも、よろしくお願いします。
    • ka2ya
    • 2004/12/22 1:19 PM
    札幌より南に位置する支笏湖という湖の周辺なんかいいですよ。
    なんもないですけど自然があふれていて、見ているだけで面白いです。湖は透明度が高く空が水面にうつり、山に囲まれた静かな土地です。
    そこでの食事は是非にじますを食べてみてください。私はそこで北海道は海の幸だけじゃないって事をいまさらながら実感いたしました。
    • yota
    • 2004/12/22 7:23 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    recent comment

    recent trackback

    profile

     

     

     

     

    search this site.